東北保健医療専門学校は理学療法士、作業療法士、介護福祉士、医療事務をめざす医療専門学校です。仙台から徒歩5分の好立地にあります。

医療秘書科(薬局コース)

医療秘書科(薬局コース)

医薬分業のなか、需要が高まる薬局事務現場で実際に必要な知識を学ぶ。

医療秘書科 薬局コース 2年制【男・女】

  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」

医薬分業により病院で薬を出さず、調剤薬局で薬を出すようになってきた現在、会計などの事務作業を専門職として配置する調剤薬局が増加傾向にあります。本コースでは、調剤薬局事務や、調剤コンピュータなど薬剤師や、経営をサポートする重要資格の取得をめざします。また、病院とは違い狭い空間での仕事となるために、円滑な人間関係が重要となるため、コミュニケーション能力を身につけた人材を育成します。

コースの特色

就職希望者全員、医療現場への就職をめざす!

専門分野の知識に加え、やさしく思いやりがあり、信頼できる接し方が求められるこの業界において、医療秘書科では、病院、診療所への就職希望者全員の医療現場への就職をめざします。

医療系・福祉系・秘書系科目を総合的に学ぶ

医療系・福祉系・秘書系の科目を総合的にバランスよく履修できるカリキュラムが組まれています。授業を通して、医療事務技能審査試験をはじめ、さまざまな資格が取得できます。

薬局事務のスペシャリストをめざす!!

薬局で事務処理を受け持つスタッフには、保険請求事務はもちろん、処方箋を正確に読み取る能力、薬の名称や種類などについての専門知識が必要です。それらを段階的に学習し薬局事務のスペシャリストをめざします。

めざせる資格

  • 調剤報酬請求事務技能認定
  • 医事業務管理技能認定試験(医事業務管理士)
  • 医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)
  • 医事オペレータ技能認定試験(メディカルオペレータ)
  • 秘書検定
  • ビジネス文書検定
  • 日本語ワープロ検定
  • アロマテラピー検定

資格内容

◎調剤報酬請求事務技能認定

保険調剤薬局などで、医師の発行した処方箋に基づき、患者様の保険を確認し保険負担分の薬剤料・調剤料を請求する能力を証明します。

◎医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)

カルテから医療保険請求明細を作成したり、窓口業務を行う能力を証明します。

◎秘書検定

文部科学省後援の秘書検定は、社員研修に導入する企業も多く、また企業が社員に取得を望む資格です。

卒業後の進路

医薬分業政策により院外処方が増加
活躍のフィールドも広がる

調剤報酬請求事務とは、調剤薬局で医師の発行した処方箋に基づき、薬を調剤する際の受付、薬剤料・調剤料の算定、調剤録と調剤報酬明細書(レセプト)の作成などが主な仕事で、患者様の保険を確認し保険負担分の薬代を請求する手続きをします。活躍の場としては、調剤薬局会計や調剤薬局受付などさまざまです。調剤薬局も年々増加しています。調剤薬局には薬剤師が常駐していますが、保険請求事務ができる人は少なく、まさに保険請求事務ができる人材は引く手あまたです。また、調剤報酬請求事務員には、専門知識だけではなく保険や薬剤の基礎知識も持ち、患者様を接遇することも求められるため、薬局やドラッグストアなどの受付やフロアなどの活躍の場もあります。

  • 調剤報酬請求事務
  • 薬局・薬店スタッフ
  • 調剤薬局会計
  • ドラッグストアスタッフ
  • 調剤薬局受付
  • 病医院事務

など

学びのステップ

薬の専門知識を集中して学び、調剤薬局・医療機関で活躍する即戦力人材を育成

1年次 医療事務・薬学知識の基礎を学ぶ

薬局事務にとっても必要となる医療事務の基礎知識・薬学知識からスタート。薬局事務や健康アドバイザーのプロとしての専門性を高めるため、薬と医療の融合をめざした学習方法を展開。さらに薬業・医療現場でも必要とされるパソコンの基礎知識から操作方法までを段階的に学びます。

2年次 レセプトに関する専門知識を深め、実力をつける

薬の知識、薬局事務の技術、そして何よりも人間性を有した人材の育成をめざします。薬・医療の2つの複合型学習に本校の特色でもあるパソコン実習、薬局スタッフとしてスムーズな業務を手助けするための学習、医療・薬業・顧客の視点から多角的サービスを提供するための窓口受付応対マナーのロールプレイングなど、専門分野の実力アップにつなげ、即戦力人材として働くためのカリキュラムが組まれています。

カリキュラム

分野 1年次 授業
時数
単位
1年次総授業時数/960(32単位)
一般科目 コミュニケーションスキルⅠ 60.0 2
ビジネスソフトⅠ 120.0 4
ビジネス作法 30.0 1
基礎
専門科目
基礎医学 90.0 3
薬学一般 60.0 2
カルテ管理 30.0 1
医事ソフトⅠ 120.0 4
医療事務Ⅰ 90.0 3
医療法規Ⅰ 60.0 2
医療事務演習Ⅰ 120.0 4
介護概論 30.0 1
専門科目 医療秘書 30.0 1
薬局事務 90.0 3
薬理学 30.0 1
     
選択科目      
分野 2年次 授業
時数
単位
2年次総授業時数/960(32単位)
一般科目 コミュニケーションスキルⅡ 30.0 1
ビジネスソフトⅡ 60.0 2
ビジネス作法 30.0 1
基礎
専門科目
臨床医学 30.0 1
DPC演習 60.0 2
公費負担 60.0 2
医療事務Ⅱ 30.0 1
     
     
     
     
専門科目 医療秘書実務 30.0 1
介護技術 30.0 1
医事ソフトⅡ 60.0 2
化粧品学 60.0 2
選択科目 ※2年次後期
下記より3つの専攻より
1つを選択し履修する
480.0 16

※カリキュラムは一部変更となる場合があります。

選択科目

(医療事務専攻・医師事務作業補助専攻・病院実習専攻から1つ選択)

医療事務専攻 授業
時数
単位
コミュニケーションスキルⅢ 60.0 2
医事ソフトⅢ 90.0 3
窓口対応演習 90.0 3
医療事務演習Ⅱ 90.0 3
レセプト演習 90.0 3
医療法規Ⅱ 60.0 2
     
医師事務作業補助専攻 授業
時数
単位
コミュニケーションスキルⅢ 60.0 2
医事ソフトⅢ 90.0 3
医療事務演習Ⅱ 90.0 3
レセプト演習 90.0 3
業務概論 30.0 1
医療文書 60.0 2
臨床医学Ⅱ 60.0 2
病院実習専攻 授業
時数
単位
コミュニケーションスキルⅢ 60.0 2
医事ソフトⅢ 90.0 3
窓口対応演習 120.0 4
レポート演習 90.0 3
病院実習事前研修 30.0 1
病院実習 60.0 2
病院実習事後セミナー 30.0 1

Pick up科目

薬局事務

医師は診察や薬の処方を行い、薬剤師がその処方に基づき薬を調剤するという医薬分業化が進み専門性が高まりました。この授業では、処方せんを取り扱う保険調剤薬局において処方せんの内容から会計を導き出す調剤報酬請求業務の仕組み、技術を中心に学びます。

資格取得サポート

医薬業の架け橋となる人材をめざし幅広い資格を取得しよう

薬局事務員の基本となるのは医療事務知識。まずは「医療事務技能審査試験」取得をめざし、その後、所定のカリキュラムを履修し「調剤報酬請求事務技能認定」の取得をめざします。薬に特化したコースですから薬の効き目、使い方などもしっかり学び、薬剤師の力になれる人材育成をめざします。最近では患者様の不安な気持ちを和らげるために、アロマを使っての空間づくりに取り組んでいるクリニックもあることから、アロマテラピーを勉強する授業も行い、資格試験合格もめざします。

■資格取得スケジュール

※スケジュール内の資格はすべて本校で受験することができます。

Teacher's Advice

薬局事務に必要なのは確かな医療知識と温かい気持ち

鈴木 郁子 先生

診療を行う場所と、薬を提供する場所が別々になる動きが進む現代社会において、調剤報酬請求事務員のニーズは増加傾向にあります。薬の知識、調剤事務の知識。そして何よりもあなたの温かい気持ちが患者様の不安や痛みを和らげることにつながります。「人のためになる仕事がしたい!」と思う方! お待ちしております。

タイムテーブル例(一年次)

 
1 09:00~10:10   薬局事務   基礎医学  
2 10:25~11:35 ビジネスソフトⅠ 基礎医学 ビジネスソフトⅠ 薬理学 医療事務Ⅰ
3 12:35~13:45 カルテ管理 医療事務Ⅰ コミュニケーションスキルⅠ 医療事務Ⅰ 医療秘書
4 14:00~15:10 医療法規Ⅰ 薬学一般 医事ソフトⅠ 介護概論 薬学一般
5 15:25~16:35 医事ソフトⅠ       ホームルーム

※タイムテーブルは一部変更となる場合があります。

Senior's message

アロマテラピーやパソコンなど、医療事務以外のカリキュラムも魅力の一つ

佐藤 夏菜 さん(宮城県 聖ドミニコ学院高校出身)

高校時代に調剤薬局でもらった明細書を見て薬に興味を持ち、薬局事務員をめざすことに。医療事務系の専門学校の中でも、薬局事務を勉強できる学校は少なく、調剤報酬請求事務の資格取得をめざせる本校を選びました。薬の剤型やどんな病気に効くものなのかを解説してくれる「薬学一般」の授業が好きですね。今後の目標は、卒業までに可能な限りの資格を取得すること。その為に日々の授業を真面目に受け、努力していきたいと思います。

学校見学情報

資料請求

先頭へ