介護福祉科ブログ

簡単なようで実は難しい「手洗い」

2018年4月27日更新

介護福祉科1年生の科目「こころとからだのしくみⅠ」の授業の様子をお伝えします!

今回は「手洗い」を学びました。

手を洗った後にブラックライトという不思議な光を当てると、落としきれていなかった部分が白く浮かび上がります。

丁寧に手を洗ったつもりでも、汚れが残っていることに学生達は驚いていました。

介護の仕事は利用者様の肌に触れたり、食事の介助をしたりと、常に手指を清潔に保たなくてはなりません。

今回の授業で「清潔保持」の重要性を学ぶことができたと思います。

みなさん、これからは日常生活でも、より丁寧に手を洗いましょうね!

先頭へ