東北保健医療専門学校ブログ

宮城県内の高校生向けに「未来のしごと体験プログラム2017」を開催しました

2017年8月9日更新

高校の夏休み期間に行っている宮城県専修学校各種学校連合会主催の「未来のしごと体験プログラム」を8月8日(火)に開催しました。
このプログラムは、高校生が興味のある分野の仕事を実際に体験し、その分野の仕事が自分に合っているのか、自分が考えているような仕事内容なのかを確認し、「将来この仕事がしたい!」という意欲につなげることを目的としています。

東北保健医療専門学校では「人は作業で元気になれる!!あなたも作業療法士をめざそう」と「医師事務作業補助者のお仕事」の2つのプログラムに高校生が参加してくれました。
まず業界や仕事の内容についての説明を受けてから、それぞれ仕事体験をしてもらいました。
体験学習の時間では実際に学んでいる学生から手ほどきを受け、より将来のイメージが掴みやすくなったのではないでしょうか。

夏休み期間中に参加してくれた皆さん、お疲れ様でした。

先頭へ