作業療法科ブログ

2年生の実技演習風景

2017年10月17日更新

作業療法科2年生の実技演習「生理学実習」の様子をお伝えします。
今回の授業では、人が階段を昇り降りする運動を行う際に、血圧や脈拍などがどのように変化するかを、実習を通して学びました。
また、その時に感じる疲労度を主観的に評価し、計測した血圧や脈拍との関連性を調べました。
計測した結果が予測通りとはならなかったことから、文献等を調べて、その要因等をグループで検討しました。対象者を診ていくために、基礎的知識を応用して考察することの難しさを実感したようです。

先頭へ