作業療法科ブログ

[2年生]考案した「自助具」のプレゼンを行いました

2018年12月18日更新

作業療法科2年生のカリキュラムで、「義肢装具・技術論」という授業があり、チームに分かれて手作りで自助具を製作しました。

各チームは対象疾患をそれぞれ想定して、どんな自助具が喜ばれるかを考案。

出来上がった自助具は工夫が凝らされたオリジナルのものばかりでした。

この実習を通して、日常生活を行いやすくすることや、対象者が出来ないと諦めていたことを何とか出来るようにする為の方法を、一緒に考えて行くことが大事であることを学びました。

リウマチ患者さんの為のシュシュを作ったメンバー リウマチ患者さんの為のシュシュの実演
下衣の引き上げを助ける自助具を作ったメンバー 下衣の引き上げを助ける自助具の実演
脊損患者の足部を持ち上げる為の自助具を作ったメンバー 足上げ紐の実演
髪を束ねる時の動きを補助する自助具を作ったメンバー 髪を束ねる時の動きを補助する自助具の実演
片手で食器を洗う自助具を作ったメンバー 片手で食器を洗う自助具の実演

先頭へ