教育理念・沿革

豊かな心と工夫する力を備えた人材を育成

専修学校の使命は、職業実践的な教育に特化することにあります。本校では、キャリア教育・職業教育を充実するために、卓越・熟練した実務経験を基盤とした知識・技能を教授することに全身全霊を注ぎ、保健医療の学校としての使命を果たしていきたいと考えています。

また、学生には、教育理念や校訓に沿った姿勢・構えを心がけさせ、一人ひとりのキャリア形成を支援するため、入学後早期から明確な目標意識を持たせます。教員は、職業人としての態度形成や必要な実務能力の育成に取り組んで参ります。

本校は厚生労働大臣指定の養成施設になっており、「理学療法科」「作業療法科」は最短の3年制、「介護福祉科」は2年制で卒業と同時に国家試験受験資格を取得できます。 さらに、今年度から新たに新設された「歯科衛生科」では、すべての方に対応できる心の通った歯科衛生士を目標に、3年制で国家資格取得をめざします。

「医療秘書科」の医療秘書コースは医療・介護の事務と秘書の科目を、薬局コースは医療・薬局の事務と秘書の科目をバランスよく学ぶことができ、幅広い資格取得をめざします。

「医療情報管理科」は診療情報管理に必要な知識のみならず、医療事務や電子カルテの知識・技術を学びながら、医療現場におけるスペシャリストとして活躍するための資格取得をめざします。

教育理念

  1. 基本的資質の修養
    品性を磨き、自己の人格形成に努めること
  2. 知識と技術の体得
    理解を伴った正確な技術の練習を継続すること
  3. 調和のとれた心の鍛錬
    心の平静を保ち、前向きな姿勢で取り組めること

人材育成像

  1. 人のありとあらゆる状況を理解し、人の痛みのわかる『深い人間理解』の育成
  2. 困難にあってもひるむことなく、最後まで決してあきらめない『忍耐力と情熱の持続』の育成
  3. 解決への糸口をいち早く発見し、実践できる『適切な情報収集力と実行力』の育成
  4. いつでも笑顔で人に接し、喜びを与えることができる『安心感のある人間性』の育成

この4つの育成を礎に、未来永劫、保健・医療・福祉・地域の最先端で活躍できる人を育て続けます。

校長あいさつ

東北保健医療専門学校 校長 清水 逸
東北保健医療専門学校
校長 清水 逸

人の気持ちに本気で寄り添ってみませんか

医療・福祉の仕事をしてみたい。がんばりたいと思っている方。ともに、歩んでいきませんか。あなたの想いを、この学び舎で、大きく豊かなものにしていきませんか。

本校は、人の心の悦びや悲しみがわかる理性と、調和のとれた心を持ち続け、心から悦びや悲しみを感じる感性を育てます。決して投げ出さず、人と向き合う心を鍛えながら、人のためを思って仕事をしていきませんか。こんな、きれいな情緒を育てていくプロセスを、一緒に作っていきましょう。

皆さんのやりたい意志がある限り、決して見放すことなく、支え続けていきます。

概要

名称 学校法人 日本コンピュータ学園
住所 宮城県仙台市青葉区花京院1−3−1
電話 022-745-0001(代)
FAX 022-745-0003
理事長 持丸 寛一郎
教職員 教職員一覧(PDF 74KB)

先頭へ