理学療法科ブログ

超音波画像診断装置体験講座が開かれました

2019年12月24日更新

理学療法科では2学年を対象とした超音波画像診断装置(エコー)を用いた特別講義を毎年行っています。

この講義は、国内の運動器エコーの領域に精通している先生方5名をお招きし、実際に最新鋭の最上位機種の機器に触れることができます。

学生が自身や同級生の筋や神経を実際に機器を通して見ることができる貴重な機会となっています。

【 体験した学生の声 】

・エコーで目に見えない部分を見ることができることを知り、とても面白かった

・実際に筋肉が収縮している様子を見ることができて良かった

・日頃の解剖学や運動学の知識の重要性がわかった


レクチャーを受けながら自分の体で確かめます


貴重な機器に興味津々です


筋肉が収縮した時はどんな映像が見えるかな?


校長の足裏もチェックさせていただきました

先頭へ