医療秘書科ブログ

作業療法士・上遠野先生の特別講話

2018年6月15日更新

医療秘書科・医療情報管理科の卒業学年を対象に、作業療法士の上遠野純子先生(作業療法科教員)による特別講演会が行われ、作業療法士としての現場での貴重な体験や、対象者との心温まるエピソードを聞かせていただきました。

学生達も、普段はあまり知ることの出来ない作業療法士という職業について、また医療の現場での様々な体験談を真剣な表情で聞いていました。

そして、来年には医療機関などで働く学生達へ向けて、「対象者となる方と、どのように関わって行くのかが大切!」「自分の強みを持ち、就職した現場で自信を持って働いてください!」など、働く際の心構えとなるお言葉をいただきました。

これから、就職活動は続きますが、今回の上遠野先生の言葉を励みに頑張りましょう!

先頭へ