お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • 高校生のための福祉・介護のお仕事「秋の体験スクール」を開催しました

高校生のための福祉・介護のお仕事「秋の体験スクール」を開催しました

2014年10月6日更新

9月28日(日)、高校生のための福祉・介護のお仕事「秋の体験スクール」を開催しました。
これは、福祉・介護の仕事の大切さと魅力を伝え、将来の職業選択の契機とし、ひいては福祉・介護人材の安定的な雇用促進を図ることを目的にしています。
宮城県内の高校生の生徒さんが参加しました。

最初に茂庭台にある公益財団法人仙台市医療センター 介護老人保健施設 茂庭台豊齢ホームに伺いました。
介護施設の種類から、この施設の特徴、どのような方がこの施設を利用されているのかなど、介護の現場をからめて説明していただきました。また、日曜日で利用者さんがおられないため、普段見ることの出来ない設備も見学させていただきました。

熱心に耳を傾けています ここで入浴します 利用者さんが作られている立派な野菜
認知症サポーター講座

次に仙台市健康福祉局高齢企画課から講師をお招きし、本校で認知症サポーター講座を行いました。
動画や資料を交えながら認知症の方との接し方を教えて頂きました。
認知症の方に対して自分がどのような行動をとればいいのか、特別難しいことをするのではなく、思いやりの気持ちをもって相手を尊重し接すれば良いということが分かったと思います。

参加された生徒のみなさん、お疲れさまでした。

年別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A
  • 学生全員にiPad配付!
  • 高等教育の修学支援新制度
  • 文部科学大臣認定職業実践専門課程
  • LINE@東北保健医療専門学校公式アカウント
  • twitter@東北保健医療専門学校公式アカウント
  • 留学生の方へ
  • 教員募集

先頭へ