お知らせ

福祉・介護のおしごと「魅力発見塾」を開催しました。

2017年9月27日更新

9月24日(日)、県内の高校生を対象とした福祉・介護のおしごと「魅力発見塾」を開催しました。

本校、介護福祉科の教員である柏倉裕太先生よりお話がありました。

介護の資格は主に、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士(国家資格)などがあります。それぞれに役割と特徴があり、介護の現場の中で密接に関わっています。その中でも介護福祉士の役割について、実例を紹介しながらのお話に、参加者は大きくうなずいていました。

柏倉先生

次に、特別養護老人ホーム水泉荘の介護課長である金田武志さんより「認知症サポーター講座」を受講しました。「認知症サポーター」とは、認知症について正しく理解し、認知症の人に対する接し方を学んだ人が生活の様々な場面で、認知症の人及びその家族をサポートする制度です。受講者には認知症サポーターの証である「オレンジリング」とよばれるリストバンドが渡されました。

最後に、校長先生より受講証が交付され終了となりました。

金田武志さん
認知症サポーターの証「オレンジリング」 校長先生より受講証を受け取りました

今回の魅力発見塾で、福祉・介護分野への興味や理解が深まれば幸いです。

今年12月10日(日)にも開催しますので、皆さんのご参加をお待ちしております。

年別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A
  • 学生全員にiPad配付!
  • 文部科学大臣認定職業実践専門課程
  • LINE@東北保健医療専門学校公式アカウント
  • twitter@東北保健医療専門学校公式アカウント
  • 東北保健医療専門学校スクールアプリ

先頭へ