お知らせ

福祉・介護のおしごと「魅力発見塾」を開催しました。

2018年1月24日更新

1月20日(土)、小中学生を対象とした「 福祉・介護のおしごと 魅力発見塾」を開催しました。

宮城県内の小学1年生から中学生1年生、保護者の方に参加いただきました。講師は、本校の先生であり、作業療法士・介護支援専門員の上遠野純子先生。「介護のしごとは人とひとをつなぐこと。こころをつなぐ介護をしよう」と題してお話がありました。

介護の現場では、介護福祉士の他にもたくさんの人たちが関わっており、お互いの知識や技術を持ち寄り、連携を図る「チームケア」が大切だという話に耳を傾けていました。

上遠野純子先生

お話の後は革細工のキーホルダー作りに挑戦!
皆さん初めての体験でしたが、作業療法科3年生のお手伝いもあり、思い思いのデザインを考えながら和気あいあいと作業に取り組んでいました。
また、今回は実習着を用意。希望者には実際に着用して頂きました。

最後に、JR仙台病院・認知症認定看護師の和泉香奈さんによる「認知症サポーター講座」を受講しました。アニメの動画を観ながら、認知症とは何か、どのように対応したらよいかを詳しく知ることができました。

和泉香奈さん 修了証書と「オレンジリング」

今回の魅力発見塾で少しでも福祉・介護分野への興味や理解が深まれば幸いです。

年別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A
  • 学生全員にiPad配付!
  • 文部科学大臣認定職業実践専門課程
  • LINE@東北保健医療専門学校公式アカウント
  • twitter@東北保健医療専門学校公式アカウント
  • 東北保健医療専門学校スクールアプリ
  • 留学生の方へ
  • 教員募集

先頭へ