お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • 宮城県内の高校生向けに「未来のしごと体験プログラム2018」を開催しました

宮城県内の高校生向けに「未来のしごと体験プログラム2018」を開催しました

2018年8月7日更新

高校の夏休み期間に行っている宮城県専修学校各種学校連合会主催の「未来のしごと体験プログラム」を8月6日(月)に開催しました。
このプログラムは、高校生が興味のある分野の仕事を実際に体験し、その分野の仕事が自分に合っているのか、自分が考えているような仕事内容なのかを確認し、「将来この仕事がしたい!」という意欲につなげることを目的としています。

東北保健医療専門学校では「魅せます!理学療法」「作業療法の魅力を体験」「介護福祉士って凄い!」「めざそうよ!医療事務のお仕事」の4つのプログラムに高校生が参加してくれました。

各プログラムでは、それぞれの業界や仕事の内容についての説明を受けてから仕事体験をしてもらいました。
お仕事体験の時間では実際に学んでいる学生から手ほどきを受けたり、目隠しをして目の不自由な方が車椅子に乗るとどのくらい不安を感じるのか体験したり、受付業務で受け答えをしたりと、少しだけですが、その分野の仕事に触れていただきました。それにより、より将来のイメージが掴みやすくなったのではないでしょうか。

夏休み期間中に参加してくれた皆さん、お疲れ様でした。

年別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A
  • 学生全員にiPad配付!
  • 文部科学大臣認定職業実践専門課程
  • LINE@東北保健医療専門学校公式アカウント
  • twitter@東北保健医療専門学校公式アカウント
  • 東北保健医療専門学校スクールアプリ
  • 留学生の方へ

先頭へ