お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • 新型コロナウイルス感染症の影響で、学費等の支援が必要になった学生の方へ【日本学生支援機構】

新型コロナウイルス感染症の影響で、学費等の支援が必要になった学生の方へ【日本学生支援機構】

2020年5月21日更新

新型コロナウイルス感染症の影響により、父母等の収入が大きく減った方や、自分のアルバイトの収入が減ったなど、家計の急変が生じた方のために、日本学生支援機構から授業料等減免・給付型奨学金および貸与型奨学金の要件特例により支援を受けることができます。

詳しくは、学校の奨学金窓口までお問い合わせください。

◎世帯(父母等)の収入が大きく減った方は、「家計の急変」として申し込みできます。

  • 急変後の所得(見込)で所得基準を判定いたします。(従来は前年所得で判定)
  • 2019年度に申し込みをして、授業料等減免・給付型奨学金の対象外となった方も、支援対象になる可能性があります。
  • 認定後速やかに支援が開始されます(従来は4月または10月始期)

◎下記に該当する方は、奨学金の在学採用に申し込みできます。

  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自分のアルバイトなどの収入が減ったため、新たに支援を受けたい方。
  • 今まで奨学金や授業料等減免を受けていなかった方。
  • 2019年度に奨学金の申し込みができなかった方。
  • 既に奨学金を利用中で、更に支援が必要であれば、利用額を増額することができます。(貸与上限額あり)

関連リンク

先頭へ