医療秘書科(薬局コース)

医療秘書科(薬局コース)

医薬分業のなか、需要が高まる薬局事務現場で実際に必要な知識を学ぶ。

医療秘書科 薬局コース 2年制【男・女】

  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」
  • 厚生労働大臣指定「専門実践教育訓練」講座

医薬分業により、受付や会計などの事務作業を専門職として配置する調剤薬局が増加傾向にあります。薬局コースでは、調剤薬局事務や、調剤コンピュータなど、薬剤師や薬局経営をサポートする重要資格取得をめざします。また、職場内やお客様との円滑なコミュニケーションが取れる人材を育成します。

コースの特色

薬局事務のスペシャリストをめざす!!

薬局で事務処理を受け持つスタッフには、保険請求事務はもちろん、処方箋を正確に読み取る能力、薬の名称や種類などについての専門知識が必要です。それらを段階的に学習し薬局事務のスペシャリストをめざします。

就職希望者全員、医療現場への就職をめざす!

専門分野の知識に加え、やさしく思いやりがあり、信頼できる接し方が求められるこの業界において、医療秘書科では、病院、診療所への就職希望者全員の医療現場への就職をめざします。

医療系・福祉系・秘書系科目を総合的に学ぶ

医療系・福祉系・秘書系の科目を総合的にバランスよく履修できるカリキュラムが組まれています。授業を通して、医療事務技能審査試験をはじめ、さまざまな資格が取得できます。

めざせる資格

  • 調剤事務管理士技能認定検定試験
  • 調剤報酬請求事務技能認定
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)
  • 医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)
  • 医事オペレータ技能認定試験(メディカルオペレータ)
  • 秘書検定
  • ビジネス文書検定
  • 日本語ワープロ検定
  • アロマテラピー検定

卒業後の進路

  • 調剤薬局事務
  • 薬局スタッフ
  • 薬剤師アシスタント
  • ドラッグストアスタッフ
  • 事務部門スタッフ

など

学びのステップ

1年次 医療事務・薬学知識の基礎を学ぶ

薬局事務にとっても必要となる医療事務の基礎知識・薬学知識からスタート。将来、調剤薬局で働くプロとしての専門性を高めるため、薬と医療事務の融合をめざした学習方法を展開。さらに薬業・医療現場でも必要とされるパソコンの基礎知識から操作方法までを段階的に学びます。

2年次 レセプトに関する専門知識を深め、実力をつける

薬の知識、薬局事務の技術、そして何よりも人間性を有した人材の育成をめざします。薬・医療の2つの複合型学習に本校の特色でもあるパソコン実習、薬局スタッフとしてスムーズな業務を手助けするための学習、医療・薬業・顧客の視点から多角的サービスを提供するための窓口受付応対マナーのロールプレイングなど、専門分野の実力アップにつなげます。

カリキュラム

薬の専門知識を集中して学び、調剤薬局・医療機関で活躍する即戦力人材を育成

分野 1年次 授業
時数
単位
1年次総授業時数/960(32単位)
一般科目 コミュニケーションスキルⅠ 60 2
ビジネスソフトⅠ 120 4
ビジネス作法 30 1
介護概論 30 1
基礎
専門科目
基礎医学 90 3
薬学一般 60 2
カルテ管理 30 1
医事ソフトⅠ 120 4
医療事務Ⅰ 90 3
医療法規Ⅰ 60 2
医療事務演習Ⅰ 120 4
専門科目 医療秘書 30 1
薬局事務 90 3
薬理学 30 1
     
選択科目      
分野 2年次 授業
時数
単位
2年次総授業時数/960(32単位)
一般科目 コミュニケーションスキルⅡ 60 2
ビジネスソフトⅡ 60 2
ビジネス作法 30 1
介護技術 30 1
基礎
専門科目
臨床医学Ⅰ 30 1
DPC演習 60 2
公費負担 60 2
医療事務Ⅱ 60 2
医事ソフトⅡ 60 2
医療事務演習Ⅱ 90 3
     
専門科目 医療秘書実務 30 1
医事ソフトⅢ 60 2
化粧品学 60 2
薬局事務総合演習 120 4
選択科目 ※2年次後期
下記2つの専攻より
1つを選択し履修する
150 5

選択科目

(医事業務管理専攻・医師事務作業補助専攻から1つ選択)

医事業務管理専攻 授業
時数
単位
窓口対応演習 30 1
医療法規Ⅱ 60 2
医療安全管理 60 2
医師事務作業補助専攻 授業
時数
単位
業務概論 30 1
医療文書 60 2
臨床医学Ⅱ 60 2

※カリキュラムは一部変更となる場合があります。

タイムテーブル例(1年次)

 
1 09:00~10:30 医療事務Ⅰ 医療事務Ⅰ 薬学一般   医療事務Ⅰ
2 10:45~12:15 医事ソフトⅠ カルテ管理 医事ソフトⅠ 薬理学 医療法規Ⅰ
昼休憩  12:15~13:15
3 13:15~14:45   医療秘書   ビジネスソフトⅠ 薬局事務
4 15:00~16:30       基礎医学  
5 16:45~17:30 追加科目・補習を行う場合があります。

※タイムテーブルは一部変更となる場合があります。

資格取得サポート

医薬業の架け橋となる人材をめざし、幅広い資格を取得しよう

薬局事務員の基本となるのは医療事務知識。まずは「医療事務技能審査試験」取得をめざし、その後、所定のカリキュラムを履修し「調剤報酬請求事務技能認定」の取得をめざします。薬に特化したコースですから薬の効き目、使い方などもしっかり学び、薬剤師の力になれる人材育成をめざします。最近では患者様の不安な気持ちを和らげるために、アロマを使っての空間づくりに取り組んでいるクリニックもあることから、アロマテラピーを勉強する授業も行い、資格試験合格もめざします。

■資格取得スケジュール(予定)

※スケジュール内の資格は受験者数により本校での受験が可能です。

Teacher's Advice

薬局事務に必要なのは確かな医療知識と温かい気持ち

鈴木 郁子先生

診療を行う場所と、薬を提供する場所が別々になる医薬分業が進み、およそ7割が薬の処方箋を調剤薬局に持参しており、調剤報酬請求事務員のニーズは増加傾向にあります。また、ドラッグストアの店舗数増加に伴い、調剤薬局以外での求人も増えています。薬の知識、調剤事務の知識、そしてなによりもあなたの温かい気持ちが患者様の不安や痛みを和らげることにつながります。「人のためになる仕事がしたい」と思う方!お待ちしております。

Senior's Voice

患者様の不安を取り除くことができる医療事務員になりたい

遠藤 理子さん(山形県 高畠高校出身)

東北保健医療に入学したきっかけは、オープンキャンパスに参加し、体験実習で学んだことを本格的に学んでみたいと思ったことと、さまざまな資格を取得できることを知った為です。計算が好きなので、調剤報酬点数を入力する医事ソフトやカルテを見ながらレセプトを書く医療事務の授業は面白いですね。また、ボランティアで精神疾患の患者様と関われたことは貴重な体験でした。実務経験豊富な先生方から丁寧に教えてもらえるので、安心して学生生活を送ることができますよ。

OG・OB message

患者様の対応を一番初めに行うのは事務員。
明るく笑顔で接客することを心掛けています。

薬局事務
菅野 玲香さん
2019年3月卒業
有限会社シーガル エムズ薬局

主な仕事内容は患者様が持ってきた処方箋の入力や薬のピッキング、月一回のレセプト請求です。薬局には様々な年代の患者様がいらっしゃるので、自分なりに判断して対応しています。学生時代に学んだ保険の知識が一番活かされていると感じています。薬局内で売っているOTC医薬品の声かけも少しずつできるようになり、商品説明をして買っていただけた時は嬉しかったです。今後の目標は、患者様をできるだけ待たせないように、薬のピッキングを正確にできるようになることです。

学校見学情報

資料請求

先頭へ