歯科衛生科ブログ

【歯科衛生科教員紹介】加藤先生

2021年9月13日更新

加藤 美智子先生

Q.現在の担当教科を教えて下さい。

歯科診療補助です。

Q.出身県や経歴を教えて下さい。

宮城県仙台市出身です。仙台市の歯科医院、オーラルケア商品のデモンストレーター、他専門学校教員、保健所の歯科のアルバイトなど、歯科に関わった仕事に長年携わってきました。歯科衛生士は様々な現場で求められる職業なので、子育て中であっても仕事を続けることが出来ました。

Q.手書きメッセージに込めた思いをお聞かせ下さい。

「和顔愛語(わげんあいご)にして、意を先にして承問(じょうもん)す」とあり、現代では、「表情はやわらかく、言葉はやさしく、相手の心を汲み取ってよく受け入れ」と訳されるようです。 歯科衛生士という職業にとってピッタリな大切な心得と思うこと。誰にでも出来る簡単なほどこしを、自分自身が心に余裕が無くなって忘れかけた時に思い出し、反省して振り返るための言葉としてます。

Q.最後に、進学希望者のみなさんへ一言お願いします。

歯科衛生士の仕事は身近な人から多くの人の全身の健康に携わる大切で必要とされる仕事です。プロッフェッッショナルめざして頑張りましょう。

先頭へ