新型コロナウイルス感染症拡大の影響による、本校の修学支援について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による、本校の修学支援について

東北保健医療専門学校は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により経済状況の悪化が懸念される在校生に対し、以下の修学支援を実施いたします。

1.「日本コンピュータ学園 修学支援金」を支給しております

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による家計の急変や学生アルバイトの収入の減少により経済的状況が悪化し、修学の継続が困難な学生が増えてきていることから、本校では「日本コンピュータ学園 修学支援金」として3万円を下記の通り支給いたしました。

◇対象者

2020年度 在校生全員

◇支給金額  

一人当たり3万円

◇支給日

6月1日(月)〜5日(金)

◇支給方法 

学生本人へ現金を支給

2. 学生寮の寮費払い戻しについて

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により本校における授業が6月1日より開始されました。それに伴い、学生寮については例年と変わらず利用いただいておりましたが、新年度以降の2ヶ月分の寮費(4、5月)について、利用日数に応じて払い戻すことと致しました。

3. 家計急変による学費納入について

学費の延納や分割納入など、納付に関わるご相談がございましたらお気軽にご相談ください。

<お問合せ先>総務課 TEL 022-745-0001(担当/渡邉)

4. 文部科学省 学びの継続のための「学生支援緊急給付金」について

2020年5月19日に文部科学省から「学生支援緊急給付金給付事業」が創設されました。この制度は、新型コロナウイルス感染症拡大による影響で、学生生活にも経済的な影響が顕著となっている状況の中で、世帯収入・アルバイト収入の大幅な減少により専門学校等での修学の継続が困難となっている学生等が修学をあきらめることがないよう、現金を支給する事業です。対象となる方は、家庭から自立してアルバイト等により学費を賄っていることや、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でその収入が大幅に減少していることなどが要件となりますが、学生の申告内容を踏まえ学校側で判断し、国へ給付申請を行います。

◇給付額  

住民税非課税世帯の学生  

20万円

 

上記以外の学生  

10万円

◇申込締切 6月12日(金)まで

◇申込方法 申込方法につきましてはこちらをご覧ください。

<関連リンク>文部科学省「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』

5.「高等教育の修学支援新制度<授業料等減免・給付型奨学金>」の特例による支援

2020年4月から学費などで進学を悩んでいる学生を対象に入学金と授業料の減免や、返済不要の給付型奨学金の拡充を行う「高等教育の修学支援新制度」が始まりました。東北保健医療専門学校はこの「高等教育の修学支援新制度」の対象校として認定されており、世帯年収や家族構成等により、授業料等減免で最大59万円、返還不要の給付型奨学金で最大91万円の支援を受けることができます。 今回の新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、世帯(父母等)収入が大きく減り、家計の急変が生じた方は、「高等教育の修学支援新制度」の要件特例による支援を受けることができます。

◇急変後の所得(見込)で所得基準を判定いたします。(従来は前年所得で判定)

◇2019年度に申し込みをして、授業料等減免・給付型奨学金の対象外となった方も、支援対象になる可能性があります。

◇認定後速やかに支援が開始されます(従来は4月または10月始期)

<お問合せ先>総務課 TEL 022-745-0001(担当/渡邉)

<関連リンク>新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援

6. 日本学生支援機構緊急特別無利⼦貸与型奨学⾦のご案内

現在第二種奨学金(貸与型)の支援を受けていない方で、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、緊急的に新たに奨学金の貸与を希望する場合に、実質無利子で貸付を行う「緊急特別無利子貸与型奨学金」を創設し、一定期間(令和3年3月末まで)支援することとなりました。この奨学金は、第二種奨学金(有利子)制度を活用しつつ利子分を国が補填し、実質無利子にて貸与されます。

◇支援対象者の要件

以下の全てに当てはまる人です。

①第⼆種奨学⾦の推薦基準(⼈物・学⼒・家計)を満たしていること

②推薦時において、第⼆種奨学⾦の貸与を受けていないこと

③家庭から多額の仕送りを受けていないこと(仕送り額が年間150万円以上ではないこと)

④⽣活費・学費に占めるアルバイト収⼊の占める割合が⾼いこと

⑤学⽣等本⼈のアルバイト収⼊について、新型コロナウイルス感染症拡⼤の影響により⼤幅に減少(前⽉⽐50%以上減少)したこと

※③〜⑤は当該要件を確認した上で、学校側が推薦します。

◇貸与額

第二種奨学金(貸与型)に準じます。

◇申込方法

令和2年6月19日(金)まで、学校の窓口へお申込みください。
お申込み後に当該要件を確認した上で日本学生支援機構に推薦します。※推薦数の上限があります。

<お問合せ先>総務課 TEL 022-745-0001(担当/渡邉)

◎制度の詳細については、日本学生支援機構ウェブページにて確認してください。

<関連リンク>

『緊急特別無利子貸与型奨学金』について

日本学生支援機構 奨学金貸与・返還シミュレーション

7. 各地方自治体等の緊急奨学金(給付・貸付金)制度

今般の感染症影響に関わる修学支援のため、地方自治体や民間団体が独自に奨学金制度を整備しています。現在居住している県や市町村、または、親元を離れて就学している場合でも保護者が居住する自治体より、支援奨学金を受けることができる場合があります。こうした制度については、日本学生支援機構のウェブページにて一部閲覧することが可能です。なお、学校側でこれらの奨学金の取次や問合せ対応等は行っておりませんので、各地自治体や団体へお問い合わせください。

<関連リンク>

『大学・地方公共団体等が行う奨学金制度』

先頭へ