理学療法科ブログ

現場感覚を身につけるための「2学年合同授業」

2015年10月29日更新

本学科では、上下学年との交流の中で、実際の職場を想定したコミュニケーションや連携方法を養うため、2学年合同の授業を行っています。

10月5日の授業では、2年生の授業に1年生が患者役として参加しました。
2年生は、2月から始まる実習に向け、1年生を患者様に見立てて、わかりやすく説明する方法や様々な検査実施の練習を行いました。
また、1年生は患者役となることで、後期の授業で習う検査測定について予習を行う場となりました。

理学療法科ではこの他にも、他学科と連携した授業も行なっています。これは、様々な職種と関わる医療現場を想定し、現場感覚を身につけるための訓練になっています。

先頭へ