東北保健医療専門学校は理学療法士、作業療法士、介護福祉士、医療事務をめざす医療専門学校です。仙台から徒歩5分の好立地にあります。

学校案内

豊かな心と工夫する力を備えた人材を育成

専修学校の使命は、職業実践的な教育に特化することにあります。本校では、キャリア教育・職業教育を充実するために、卓越・熟練した実務経験を基盤とした知識・技能を教授することに全身全霊を注ぎ、保健医療の学校としての使命を果たしていきたいと考えています。

また、学生には、教育理念や校訓に沿った姿勢・構えを心がけさせ、一人ひとりのキャリア形成を支援するため、入学後早期から明確な目標意識を持たせます。教員は、職業人としての態度形成や必要な実務能力の育成に取り組んで参ります。

3年課程の「理学療法科」「作業療法科」と2年課程の「介護福祉科」は、厚生労働大臣指定の理学療法士・作業療法士・介護福祉士養成施設に認定されています。卒業と同時に「理学療法科」「作業療法科」「介護福祉科」では国家試験の受験資格を取得することができます。

「医療秘書科」の医療秘書コースは医療・介護の事務と秘書の科目を、薬局コースは医療・薬局の事務と秘書の科目をバランスよく学ぶことができ、幅広い資格取得をめざします。

「医療情報管理科」は診療情報管理に必要な知識のみならず、医療事務や電子カルテの知識・技術を学びながら、医療現場におけるスペシャリストとして活躍するための資格取得をめざします。

7つの特長

本気を支える、安心の環境と充実のサポート。

東北保健医療専門学校では、高齢社会が進む現在、より一層の活躍を期待される理学療法士・作業療法士・介護福祉士・医療事務員などの医療従事者の養成を行っています。

同じ志を持つ仲間や講師陣とともに、学校のさまざまな特長を活かしながら最先端の知識と技術を学びましょう。

(1)経験豊富な講師陣

実務経験が豊富で熱意溢れる講師陣が、今、医療の現場で求められている人材になるよう徹底教育。また、学生との距離が近く、同じ道を志す一人の先輩として、学生が抱える悩みや苦しみを克服する手助けを惜しまず、親身にサポートします。

(2)最新の実習設備が充実

現場と同じ実習設備で学び、医療・福祉業界で即戦力となる実践力を身に付けます。また、校内に無線LANアクセスポイントを設置し、いつでもどこでもインターネットに接続が可能です。

(3)学生サポート室を中心とした、さまざまな学習支援体制

学生サポート室を設置し、日々の学習や学生生活をサポート。学生サポート担当教員を中心に、入学から卒業まで安心して学ぶことができる環境を作っています。また、クラス担任制により学生一人ひとりに丁寧な指導が可能。「支える教育」を実践するために、さまざまな学習支援体制を用意しています。

(4)学生全員にiPadを配付

本学園では、次世代に対応した新たな教育環境を実現。ネットワーク社会の中、新しいメディアを新しい発想で活用していける能力を身につけることが重要です。新しい教育メディアとして注目を集めるiPadを使いこなし、主体的に活躍できる学生を育成します。

  1. 学内どこからでもつながる無線LAN環境
  2. 学業に必要な情報は電子書籍管理アプリで
  3. 充実のeラーニング
  4. 学外でもいつでも使える
  5. キャンパスコミュニケーションサイト

※このiPadのインターネット利用にはWi-Fi環境が必要です。学校内では、一部のコミュニティサイトやSNS、掲示板サイトの利用に制限があります。

(5)東北電子専門学校との姉妹校によるメリットを活かす

本学園には、東北保健医療専門学校の他に、施設を共有する東北電子専門学校があります。分野の垣根を越え、情報教育の伝統校ならではの学びのノウハウや施設・設備を共有することで、学生生活を充実させ、就職活動などのサポートも学園全体で行っています。

(6)5学科間の連携や交流で、幅広い医療・福祉の現場を知る

理学療法科、作業療法科、介護福祉科、医療秘書科、医療情報管理科の5学科それぞれが連携した授業・実習などにより、チーム医療の現場での他職種との関わり方や、仕事理解を深めます。

(7)仙台駅から徒歩5分

東北保健医療専門学校は、JR仙台駅から徒歩5分という好立地にあるため、通学に大変便利です。学都・仙台の中心地で学ぶことのメリットは大きく、キャンパスライフに豊かさと彩りを与えてくれるでしょう。

教育理念・人材育成像とMessage

教育理念

  1. 基本的資質の修養
    品性を磨き、自己の人格形成に努めること
  2. 知識と技術の体得
    理解を伴った正確な技術の練習を継続すること
  3. 調和のとれた心の鍛錬
    心の平静を保ち、前向きな姿勢で取り組めること

人材育成像

  1. 人のありとあらゆる状況を理解し、人の痛みのわかる『深い人間理解』の育成
  2. 困難にあってもひるむことなく、最後まで決してあきらめない『忍耐力と情熱の持続』の育成
  3. 解決への糸口をいち早く発見し、実践できる『適切な情報収集力と実行力』の育成
  4. いつでも笑顔で人に接し、喜びを与えることができる『安心感のある人間性』の育成

この4つの育成を礎に、未来永劫、保健・医療・福祉・地域の最先端で活躍できる人を育て続けます。

Message

東北保健医療専門学校 校長 清水 逸
東北保健医療専門学校
校長 清水 逸

医療・福祉の仕事をめざす皆様へ

幼少より培ってきた「感性」と「知識」を、最先端IT学習環境の中で、燃える情熱を持ち理想に向かい、ゆたかな創造力を発揮し、自分らしく、さらに洗練させてください。決して、苦悩・不安・失望に気力を奪われることのないように、たくましい意志を持ち続け、成長できるように、皆様を支援いたします。

医療・福祉の専門家として、「基本的資質の修養」「知識と技術の体得」「調和のとれた心の鍛錬」が、未来永劫にわたって実践されるように、ここで礎を築き、卒業後は誇らしい姿で活躍していることを目指しながら、共に歩んでいきましょう。

概要

名称 学校法人 日本コンピュータ学園
住所 宮城県仙台市青葉区花京院1−3−1
電話 022-745-0001(代)
FAX 022-745-0003
理事長 持丸 寛一郎
教職員 教職員一覧(PDF 61KB)

先頭へ