作業療法科

作業療法科

あなたの得意なこと、好きなこと、興味関心や趣味を活かしてみませんか。

作業療法科 3年制【男・女】

  • 作業療法士 指定養成施設
  • 厚生労働省指定「作業療法士国家試験」(受験資格)
  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」

人々の健康と幸福を促進する為に、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる作業(目的や価値を持つ生活行為)に焦点を当てた治療、指導、援助を行う作業療法士。作業療法科では最短の3年制で、社会人としての態度を身につけ、役割を認識し、知識と技術を修得した、自ら行動のできる作業療法士を養成します。

学科の特色

3年間で作業療法士国家資格を取得できる

本校の作業療法科は最短の3年で国家試験を受験できます。短期間で集中して作業療法士の資格を取得するため、4年制の学科と比べて、より早く業界で活躍することが可能です。

現場の第一線で活躍していた教員の指導で実践力と豊かな人間力を養う

学生を指導するのは、医療や福祉の現場でも信頼の厚いスペシャリストばかりです。現場での体験を活かし、即戦力として活躍できる実践力を鍛えます。専門性の教育のみならず、豊かな人間性やコミュニケーション能力にも磨きをかけ、心の通った温かい対応が行える人材を育てます。

1年次からの臨床実習体験により自己認識をうながす

早期から臨床実習を体験し、多くの人々との関わり合いの中で、自己認識を促します。2年次以降からは、教員と実習指導者が連携し合い、学生一人ひとりを細やかにサポートします。

めざせる資格

  • 作業療法士(卒業と同時に受験資格取得)

卒業後の進路

  • 総合病院・大学病院
  • 肢体不自由児施設
  • 精神・神経科病院
  • 訪問看護ステーション
  • 特別支援学校
  • リハビリテーションセンター
  • クリニック・診療所
  • 大学・専門学校などの教育機関
  • 介護老人保健施設
  • 心身障害児・者施設
  • 一般病院
  • デイケアセンター
  • 保健所などの行政機関

など

学びのステップ

1年次 医療人となるための基礎を身につける

「科学的思考の基盤、人間と生活」を学ぶ基礎分野、「人体の構造と機能及び心身の発達」と「保健医療福祉とリハビリテーションの理念」を学ぶ専門基礎分野、「基礎作業療法学」を学ぶ専門分野にて基礎知識を身につけます。さらに、11日間の見学実習を数回に分けて実施し、作業療法士という職種を早い時期からイメージできるようにします。

2年次 作業療法の専門的な知識・技術を身につける

「疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進」を学ぶ専門基礎分野、「作業療法評価学」と「作業療法治療学」を学ぶ専門分野にて、より専門的な知識・技術を身につけます。後期には病院や施設などで3週間2回の臨床実習を通して実際の作業療法を体験し、作業療法の実践を学びます。

3年次 作業療法を実践する総合力を身につける

「地域作業療法学」として、地域作業療法学・就労支援関連法規論などを学びます。前期から9週間2回の臨床実習を行い、実践的技術・技能を修得します。さらに、国家試験に向けた対策演習を行います。

カリキュラム

作業療法士としての専門技能と実践力、豊かな人間性を育てる講義・臨床実習を展開

分野 1年次 授業
時数
単位
1年次総授業時数/1,025(55単位)
基礎
分野
心理学 30 2
倫理学 30 2
教育学 30 2
社会福祉学 30 2
情報処理学 30 2
工学 30 2
医学英語 15 1
スポーツ学 30 2
社会行動学 30 2
Basic Communication
TrainingⅠ
30 2
専門
基礎
分野
解剖学Ⅰ(骨格・内臓) 30 2
解剖学Ⅱ(神経・脈管) 30 2
解剖学Ⅲ(筋肉) 15 1
触診技術実習 45 1
生理学Ⅰ 30 2
生理学Ⅱ 30 2
運動学 60 4
人間発達学
(老年医学含む)
30 2
一般臨床医学 30 2
病理学 15 1
臨床心理学 30 2
栄養学 15 1
救急医学 15 1
リハビリテーション概論 30 2
専門
分野
作業療法概論 30 2
作業療法理論 15 1
基礎作業学概論 15 1
基礎作業学実習 45 1
作業療法特論Ⅰ
(国試対策)
30 2
基礎検査測定実習 45 1
日常生活活動実習Ⅰ 45 1
日常生活活動実習Ⅱ 45 1
見学実習 40 1
臨地実習
(地域支援、訪リハ、通リハ)
40 1
 
 
   
 
 
   
 
 
   
 
 
   
 
 
   
 
 
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
分野 2年次 授業
時数
単位
2年次総授業時数/1,340(66単位)
基礎
分野
Basic Communication
TrainingⅡ
15 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
専門
基礎
分野
生理学実習 45 1
運動学実習 45 1
内科学 30 2
整形外科学 30 2
神経内科学 30 2
小児科学 30 2
精神医学 30 2
リハビリテーション医学 30 2
関連職種連携論Ⅰ 15 1
Practical Communication
TrainingⅠ
45 1
     
     
     
     
専門
分野
作業療法特論Ⅱ 45 1
作業療法管理学Ⅰ
(リスク管理・職業倫理)
15 1
作業療法評価学概論 15 1
身体障害作業療法評価学Ⅰ
(中枢)
30 2
身体障害作業療法評価学Ⅱ
(整形)
30 2
身体障害作業療法評価学Ⅲ
(内部)
15 1
高次脳機能作業療法評価学 30 2
精神機能作業療法評価学 30 2
発達過程作業療法評価学 30 2
高齢期作業療法評価学 30 2
身体機能作業療法評価学演習 30 2
高次脳機能作業療法評価学演習 15 1
精神機能作業療法評価学演習 15 1
発達過程作業療法評価学演習 15 1
高齢期作業療法評価学演習 15 1
MTDLP 15 1
身体機能作業療法治療学 30 2
発達障害作業療法評価学 30 2
高齢期障害作業療法評価学 30 2
作業療法治療学総論 30 2
身体障害作業療法治療学Ⅰ
(中枢)
30 2
身体障害作業療法治療学Ⅱ
(整形)
30 2
身体障害作業療法治療学Ⅲ
(内部)
30 2
高次脳機能作業療法治療学 30 2
精神機能作業療法治療学 30 2
発達過程作業療法治療学 30 2
高齢期作業療法治療学 30 2
仕事関連活動実習 45 1
余暇関連活動実習 45 1
代償学Ⅰ
(スプリント・自助具)
15 1
臨床実習Ⅰ 135 3
分野 3年次 授業
時数
単位
3年次総授業時数/1,085(39単位)
基礎
分野
 
 
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
専門
基礎
分野
薬理学 30 2
画像診断学 15 1
公衆衛生学 15 1
予防医学 15 1
関連職種連携論Ⅱ 15 1
Practical Communication
TrainingⅡ
15 1
     
     
     
     
     
     
     
     
専門
分野
作業療法研究法 30 2
作業療法特論Ⅲ 30 2
作業療法管理学Ⅱ
(職業管理)
15 1
代償学Ⅱ
(義肢)
15 1
代償学Ⅲ
(住環境・福祉用具)
30 2
地域作業療法学 30 2
就労支援関連法規論 30 2
臨床実習Ⅱ 800 20
 
 
   
 
 
   
 
 
   
 
 
   
 
 
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

タイムテーブル例(1年次例)

 
1 09:00~10:30 病理学 医学英語 解剖学Ⅰ 心理学 見学実習
2 10:45~12:15 運動学 人間発達学 リハビリテーション概論 栄養学
昼休憩  12:15~13:15
3 13:15~14:45 倫理学   日常生活活動演習 作業療法概論 見学実習
4 15:00~16:30 基礎作業学概論 生理学Ⅰ スポーツ学
5 16:45~17:30   HR    

※タイムテーブルは一部変更となる場合があります。

臨床実習

複数の見学実習と長期臨床実習の経験から、自分にあった領域を選択。
技術や知識を深め、責任感や指導力、協調性などを身につける。

宮城県近隣を中心に、東北6県の医療・福祉施設での実習先を確保しています。
1年次に行う複数施設での見学実習で卒業後に活躍する現場でのイメージをつかみ、日々の学習へとつなげます。
2年次以降は、数カ所での臨床実習を重ねながら、学校で学んだ知識と技術の理解を深めます。さらに、患者様との接し方やコミュニケーション方法、またチーム医療・福祉の一員となるための協調性と責任感を身につけます。毎回異なった施設で取り組むため、卒業後の進路を考える良い機会にもなります。

実習施設内訳(分野)

■臨床実習スケジュール(予定)

Teacher's Advice

小さな子供さんからご高齢の方まで、作業療法士はたくさんの方々と関わる仕事です

教務部長
上遠野 純子先生

私たちが関わる患者様は小さなお子さんから高齢者までと、とても幅広いです。さまざまな方と関わりを持つためには、より広い視野でものごとをとらえることが必要です。そのための知識・技術の修得には大変なこともあるかと思いますが、医療や福祉・介護はもちろん、保健・教育・職業領域など、社会活動の現場でも作業療法士の活躍の場は広がっています。たくさんの仲間と思いをひとつにして目標に向かって取り組んで行きましょう!!

Senior's Voice

好きな授業は解剖学!
骨・筋・臓器の構造や働きを知る過程がとても面白い

江刺家 龍輝さん(青森県 八戸高校出身)

介護福祉士の母を見て、医療職に就きたいと思っていました。作業療法士は骨折と入院を経験したことや友人のリハビリなどで興味を持ち、手先の器用さなどの自分の長所が活かせると思いました。本校を選んだのは、独自の教育システムや東北に根ざした方針に魅力を感じた為です。幅広い疾患や年齢の患者様と関わる為にも、「作業療法士」としての熱いプライドと確かな技術に裏付けられた先生方の的確なアドバイスを受け入れ、同じ夢をめざす仲間達と水滴穿石の心構えで研鑽に努めたいと思います。

OG・OB message

患者様がリハビリをしていることを忘れるくらい、やりがいや楽しみを持って行える作業療法を提供する事が目標です

作業療法士
泉谷 蒼磨さん
2018年3月卒業
医療法人社団松田会 エバーグリーン病院勤務
(青森県 青森北高校出身)

精神科の入院患者様を対象に、個人活動やグループレクリエーション等を組み込んだ週間プログラムを通して作業療法を行っています。患者様に見合った活動の提供ができるよう試行錯誤し、他職種とも連携を取りながら進めています。その過程は大変ですが、患者様の嬉しそうな笑顔を見ると疲れが吹き飛びます。「たとえ勉強ができなくても、誰よりも患者様を思いやれる作業療法士でいなさい」という恩師の言葉を胸に、患者様との関わりを持つよう心がけています。これからも失った笑顔が少しでも取り戻せるよう、個別性の高いサポートを取り入れて行きたいです。

学校見学情報

資料請求

先頭へ