医療秘書科(医療秘書コース)

医療秘書科(医療秘書コース)

早く患者様の役に立ちたい。卒業と同時に医療現場の即戦力に。

医療秘書科 医療秘書コース 2年制【男・女】

  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」
  • 厚生労働大臣指定「専門実践教育訓練」講座

超高齢社会の到来により、一層求められている医療スタッフ。医療秘書コースでは、医療事務、医事秘書、介護事務など、多様化、専門化が進む医療の現場を側面からサポートする人材を育成します。医療の分野では資格取得がそのまま就職につながるケースもあり、1年次から重要資格の取得をめざします。

コースの特色

就職・実務に役立つ資格取得をバックアップ

資格は就職へのパスポート。学生一人ひとりの目標に向かって、実績のある教員がさまざまな専門資格取得をバックアップします。資格によっては本校が試験会場となるものもあり、落ち着いて受験することが可能です。

就職希望者全員、医療現場への就職をめざす!

専門分野の知識に加え、やさしく思いやりがあり、信頼できる接し方が求められるこの業界において、医療秘書科では、就職希望者全員の病院、診療所など医療現場への就職をめざします。

医療系・福祉系・秘書系科目を総合的に学ぶ

医療系・福祉系・秘書系の科目を総合的にバランスよく履修できるカリキュラムが組まれています。授業を通して、医療事務技能審査試験をはじめ、さまざまな資格が取得できます。

めざせる資格

  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)
  • 医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)
  • ケアクラーク技能認定試験(ケア クラーク)
  • 医療秘書技能検定試験
  • 医事オペレータ技能認定試験(メディカルオペレータ)
  • 秘書検定
  • ビジネス文書検定
  • 日本語ワープロ検定
  • マナー・プロトコール検定

卒業後の進路

  • 医療事務、病棟クラーク
  • ケアクラーク
  • 医療関連オペレータ
  • 社会保険事務
  • 事務部門スタッフ
  • 医師事務作業補助

など

学びのステップ

1年次 医療従事者として必要な専門知識を学び基礎を作る

多様化・専門化に対応できるよう2年間でより多くの資格取得とそのランクアップをめざします。医療従事者として必要な基礎医学・薬学などの学習からスタートし、段階的に医療保険請求事務、カルテの読み方、保険点数の算定方法、医療保険制度の専門知識などを学習。さらに医事コンピュータやパソコンも学びます。

2年次 1年次で学んだ知識・技術をもとに、さまざまな資格試験にトライ

医事コンピュータ・介護事務コンピュータや医療秘書実務マナーなどをロールプレイング方式で実習し、知識・技術をレベルアップ。医事オペレータ技能認定試験では使い慣れた本校のパソコンにて受験となっています。この他にも、たくさんのビジネス関連資格取得にトライします。

カリキュラム

多様化が進む医療現場に対応、医療事務は重要なポジション

分野 1年次 授業
時数
単位
1年次総授業時数/960(32単位)
一般科目 コミュニケーションスキルⅠ 60 2
ビジネスソフトⅠ 120 4
ビジネス作法 30 1
介護概論 30 1
基礎
専門科目
基礎医学 90 3
薬学一般 60 2
カルテ管理 30 1
医事ソフトⅠ 120 4
医療事務Ⅰ 90 3
医療法規Ⅰ 60 2
医療事務演習Ⅰ 120 4
専門科目 医療秘書 30 1
介護保険 120 4
     
     
選択科目      
分野 2年次 授業
時数
単位
2年次総授業時数/960(32単位)
一般科目 コミュニケーションスキルⅡ 60 2
ビジネスソフトⅡ 60 2
ビジネス作法 30 1
介護技術 30 1
基礎
専門科目
臨床医学Ⅰ 30 1
DPC演習 60 2
公費負担 60 2
医療事務Ⅱ 60 2
医事ソフトⅡ 60 2
医療事務演習Ⅱ 90 3
     
専門科目 医療秘書実務 30 1
医事ソフトⅢ 60 2
化粧品学 60 2
医療事務総合演習 120 4
選択科目 ※2年次後期
下記2つの専攻より
1つを選択し履修する
150 5

選択科目

(医事業務管理専攻・医師事務作業補助専攻から1つ選択)

医事業務管理専攻 授業
時数
単位
窓口対応演習 30 1
医療法規Ⅱ 60 2
医療安全管理 60 2
医師事務作業補助専攻 授業
時数
単位
業務概論 30 1
医療文書 60 2
臨床医学Ⅱ 60 2

※カリキュラムは一部変更となる場合があります。

タイムテーブル例(1年次)

 
1 09:00~10:30 医療事務Ⅰ 医療事務Ⅰ 薬学一般   医療事務Ⅰ
2 10:35~12:15 医事ソフトⅠ 医療法規Ⅰ 医事ソフトⅠ   医療法規Ⅰ
昼休憩  12:15~13:15
3 13:15~14:45   カルテ管理 介護保険 ビジネスソフトⅠ 介護保険
4 15:00~16:30   医療秘書   基礎医学  
5 16:45~17:30 追加科目・補習を行う場合があります。

※タイムテーブルは一部変更となる場合があります。

資格取得サポート

医療事務業のスタンダードな資格取得が目標

医療事務員になるために必要な「医療事務技能審査試験」や、ドクターが行っていた診断書などの文書作成の代行ができる「医師事務作業補助技能認定試験」、そして介護施設における専門事務員として活躍できる「ケアクラーク技能認定試験」がターゲット。さらには患者様目線で行動、応対ができるよう、医療秘書技能検定など幅広く資格取得をめざします。

■資格取得スケジュール(予定)

※スケジュール内の資格は受験者数により本校での受験が可能です。

Teacher's Advice

人に対しても仕事に対しても思いやりの心が大切です

鈴木 郁子先生

初々しい気持ち、人に対する思いやりの心が大切だと思います。医療分野に関わる人々は、世代や性別、生活背景が多様で価値観もさまざま。相手を尊重し、豊かなコミュニケーション能力をもって信頼関係を築くためには、幅広い教養、高い倫理観、実践力を養うことが必要です。誰とでも話せる力、忍耐力も必要です。現場の経験をもとに、知識や技術の提供だけでなく、豊かな人間性を備えた医療従事者の基盤づくりを行います。

Senior's Voice

一番達成感を感じるのは医療事務の授業で点数が合っている時

高橋 七海さん(青森県 大湊高校出身)

母の友人の影響で医療事務の仕事に興味を持ち、病院に来られる方々の緊張感や恐怖感を少しでも和らげる手助けをしたいと思い志望しました。本校を選んだのは、駅からのアクセスの良さと就職サポートが充実している為です。先生方もとても優しく、授業もとても分かりやすいです。学校内の環境も落ち着いているので、勉強に集中しやすいと思います。今後も資格取得にどんどんチャレンジし、患者様や職場の方に頼りにされる医療事務員をめざしていきたいです。

OG・OB message

もっと患者様の気持ちに寄り添える医療事務員へ

医療事務員
阿部 愛莉さん
2018年3月卒業
一般財団法人 宮城県成人病予防協会 仙台循環器病センター勤務
(宮城県 仙台育英学園高校出身)

現在は病院の窓口業務(保険証確認、患者登録、会計など)や、レセプト業務、診断書業務などを行なっています。学生時代に学んだレセプトの知識や患者様対応の授業が活かされていますね。他の業務をしながら患者様の対応をするのは大変だと感じますが、患者様が笑顔になってくれるのを見るとうれしくなります。色々な質問に対応できるように、もっと知識を身につけていきたいです。また、クリニックでアルバイトをしていたことも自分の力になっているので、是非、実際に働いている方の姿を見たり、話を聞くと良いと思いますよ。

学校見学情報

資料請求

先頭へ