東北保健医療専門学校は理学療法士、作業療法士、介護福祉士、医療事務をめざす医療専門学校です。仙台から徒歩5分の好立地にあります。

理学療法科

理学療法科

臨床能力を高め、即戦力として活躍する理学療法士をめざす。

理学療法科 3年制【男・女】

  • 厚生労働大臣指定 理学療法士養成施設
  • 厚生労働省指定「理学療法士国家試験」(受験資格)
  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」

理学療法士は、病気やケガで失われた身体機能の回復を促し、日常生活や社会への復帰を支援する医学的リハビリテーションの専門職です。本学科では、「社会人・医療人として必要な態度と礼節を身につけ行動ができる」、「理学療法士として生涯にわたり活躍するための基盤となる資質、知識、技術を構築する」の2つを重点目標とし、早期からの臨床実習と講義を組み合わせた充実のカリキュラムで、即戦力として活躍できる理学療法士を育成します。

学科の特色

3年間で理学療法士国家試験を受験できる

本校の理学療法科は最短の3年課程。
短期間で集中して理学療法士の資格を取得するため、4年課程の学科と比べて、より早く業界で活躍することが可能です。

早期からの臨床教育で実践力と豊かな人間力を養う

1年前期から医療現場での臨床教育があり、より早期から即戦力として活躍できる実践力を鍛えます。専門性の高い教育のみならず、豊かな人間性やコミュニケーション能力にも磨きをかけ、心の通った温かいケアができる人材を育てます。

他学科、そして先輩との交流の中で現場感覚を身につける

他学科間の交流の中で、さまざまな職種と関わる現場でのコミュニケーション方法や、上下学年がお互いに連携し補い合うことで、実際に働く職場に近い環境を体感することができます。。

めざせる資格

  • 理学療法士受験資格(卒業と同時に取得)

資格内容

◎理学療法士(国家資格)

厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする者をいいます。「理学療法」とは、身体に障害のある方に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいいます。(理学療法士及び作業療法士法第2条)

卒業後の進路

リハビリの専門職として医療現場、
保健・福祉・教育・職業領域と幅広い分野で活躍

理学療法士の活躍の場は総合病院、リハビリテーション病院などの医療機関、老人保健施設などの介護保険施設、肢体不自由児施設などの福祉関係機関、さらには地域保健活動に従事するなど、活躍の分野が広がっています。現代の医療体制の中で、予防的側面を持つリハビリテーション部門がさらに広がっていくことは明らかで、理学療法士の必要性はますます高まっています。

  • 総合病院
  • リハビリテーションセンター
  • 介護老人保健施設
  • 大学・専門学校などの教育機関
  • クリニック・診療所
  • 訪問看護ステーション
  • 市町村の保健所などの行政機関
  • デイケアセンター
  • 一般病院
  • 肢体不自由児施設
  • 特別支援学校

など

学びのステップ

障害の予防と治療、リハビリテーションを中心に理学療法について学ぶ

1年次 医療人になるための基礎知識を身につける

基礎分野では、心理学・倫理学・社会福祉学などを、専門基礎分野では、解剖学・生理学・運動学などを、専門分野では、基礎理学療法学・基礎理学療法学実習などを学びます。また、約1週間の見学実習を実施し、理学療法士という職種を早い時期からイメージできるようにします。

2年次 理学療法の専門的な知識を身につける

専門基礎分野では、内科学・整形外科学・精神医学などを、専門分野では、骨関節障害理学療法評価学・内部障害理学療法治療学などを学びます。後期には病院や施設などで約4週間の臨床実習を通して実際の理学療法を体験し、理学療法の役割を学びます。

3年次 理学療法を実践する総合力を身につける

地域理学療法学・住環境整備・福祉用具活用論などを学びます。さらに約9週間の臨床実習を2回行い実践的技術・技能を修得します。さらに国家試験に向けて対策演習を行います。

カリキュラム

分野 1年次 授業
時数
単位
1年次総授業時数/930(52単位)
基礎
分野
心理学 30.0 2
倫理学 30.0 2
教育学 30.0 2
社会福祉学 30.0 2
情報処理学 30.0 2
工学 30.0 2
英語 30.0 2
医学英語 30.0 2
保健体育I 30.0 1
保健体育II 30.0 1
専門
基礎
分野
解剖学I 30.0 2
解剖学II 30.0 2
体表解剖学実習 45.0 1
生理学 60.0 4
運動学 60.0 4
人間発達 30.0 2
一般臨床医学 30.0 2
臨床心理学 30.0 2
リハビリテーション概論 30.0 2
公衆衛生学(保健福祉学) 30.0 2
専門
分野
理学療法概論 30.0 2
基礎理学療法学 30.0 2
基礎理学療法学実習I 45.0 1
理学療法評価学総論 30.0 2
骨格関節筋系測定法 45.0 1
日常生活活動技術論 30.0 2
見学実習 45.0 1
     
     
     
     
     
     
     
分野 2年次 授業
時数
単位
2年次総授業時数/960(52単位)
基礎
分野
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
専門
基礎
分野
生理学実習 45.0 1
運動学実習 45.0 1
内科学 30.0 2
整形外科学 30.0 2
神経内科学 30.0 2
小児科学 30.0 2
精神医学 30.0 2
リハビリテーション医学 30.0 2
     
     
専門
分野
基礎理学療法学実習II 45.0 1
骨関節障害理学療法評価学 30.0 2
神経筋障害理学療法評価学 30.0 2
脳血管障害理学療法評価学 45.0 3
内部障害理学療法評価学 45.0 3
運動療法 60.0 4
物理療法 45.0 3
義肢装具学 45.0 3
骨関節障害理学療法治療学 45.0 3
神経筋障害理学療法治療学 30.0 2
脳血管障害理学療法治療学 45.0 3
内部障害理学療法治療学 60.0 4
運動発達障害理学療法治療学 30.0 2
臨床実習I 135.0 3
分野 3年次 授業
時数
単位
3年次総授業時数/840(24単位)
基礎
分野
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
専門
基礎
分野
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
専門
分野
研究法 30.0 2
地域理学療法学 30.0 2
住環境整備・福祉用具活用論 30.0 2
地域生活支援法 30.0 2
臨床実習II 720.0 16
     
     
     
     
     
     
     
     
     

Pick up科目

理学療法評価学総論

この科目では、患者様の現在の身体的精神的状態および障害の程度、社会的環境やニーズを知り、障害の改善と克服についての目標を立てるため、評価の位置付けと意義、評価の種類、流れなどについて学びます。その後、各論として、問診と観察、形態計測、知覚検査などの理論および方法論について学びます。

臨床実習

1年次前期からの見学実習を経て臨床実習へと進み、目標とする理学療法士像をイメージしながら知識・技術・責任感・協調性を身につける。

本学科では、東北6県を中心に医療・福祉施設での実習先を確保しています。1年次前期に複数の協力施設で、卒業後に活躍する現場を見学しイメージを掴みます。早期から現場を体感することで、めざす職業像を明確にし、日々の学習へとつなげます。2年次以降は、数カ所での臨床実習を重ねながら、学校で学んだ知識と技術の理解を深めます。さらに患者様との接し方やコミュニケーション方法、またチーム医療・福祉の一員となるための協調性と責任感を身につけます。実習毎に異なった施設で取り組むので、卒業後の進路を考える良い機会にもなります。

平成27年度実習先状況(分野)

■臨床実習スケジュール

Teacher's Advice

医療人になるための基礎知識を身につける

教務課長 佐藤 美加 先生

理学療法は患者様と向き合い、また多くの方と協力しながら治療を進めていく仕事です。その活躍の場は、保健・福祉分野やスポーツ分野など、ますます広がっています。3年間で知識・技術を修得するとともに社会性を身につけ、人間性を磨くなど、本学科で学んでいくことは多岐にわたります。行動力を兼ね備え、信頼される理学療法士をめざして一緒に頑張りましょう。

タイムテーブル例(一年次)

 
1 09:00~10:10 理学療法評価学総論 生理学 基礎理学療法学 臨床心理学 解剖学Ⅱ
2 10:25~11:35 リハビリテーション概論 医学英語 日常生活活動技術論 一般臨床医学 運動学
3 12:35~13:45 基礎理学療法学実習Ⅰ 体表解剖学実習 骨格関節筋系測定法 公衆衛生学
4 14:00~15:10 保健体育  
5 15:25~16:35        

※タイムテーブルは一部変更となる場合があります。

Senior's message

勉強は慣れるまでが大変だけど、身に付いていると感じた時がとても楽しい

有坂 栞 さん(山形県 米沢東高校出身)

理学療法士をめざすきっかけは、祖母から入院時にお世話になったという理学療法士の方の話を聞いたことです。高校時代に理学療法士の職業体験に参加し、改めて人の役に立ちたいと思い、将来の仕事としてめざすことにしました。本校を選んだのは、オープンキャンパスで楽しい先輩方と触れ合う機会が多く、雰囲気が良かった為です。また、わからないことはわかるまでじっくりと教えて下さる先生もおり、安心して勉強に集中できる環境だと思いますよ。

学校見学情報

資料請求

先頭へ